公開履歴
カプセルと葉と瓶

今の時代、男性と女性の付き合いは軽いものになってい部分もあるのですが、体の結びつきは深くなっているのです。
ちょっとした交際であっても、性交渉をするのが普通であって、それが当たり前の社会風潮になっているのです。
将来について考えている人たちや結婚をしている人たちなら、子供ができるということに関して喜ばしいと感じるものでしょうが、そうでない人たちでは困惑してしまうことでしょう。
そうならないように、避妊をしていくものなのですが、コンドームの使用のほかにも避妊薬を服用する人も増えているのです。
避妊薬というのは、妊娠を避けるための薬であって、主にピルが該当します。
ピルというのは低用量ピルや中用量ピルがあります。
低用量ピルはホルモン剤の入っている錠剤を事前に計画的に28日間飲みつづけて生理周期を整えるというものです。
それによって排卵を抑制できるので、もしも精子が女性の体内に入ったとしても受精をする卵子と出会うことがないのです。
ですから、妊娠をしないというわけなのです。
それに対して、中用量ピルというのは少し強いホルモン剤が入っています。
これを性交渉の後で妊娠をしているかもしれないという時に服用することで、できた受精卵を子宮内に着床させないので、妊娠を防ぐことができるというわけなのです。
これも時間的な制限があって、72時間以内に服用することが条件になるのです。
このように、避妊薬といっても計画的に飲み続ける低用量ピルのほかにも緊急用の中用量ピルなどもあるので、そういった理解を深めるようにしておくといいでしょう。
共に産婦人科で処方をしてもらうか、海外からの個人輸入によって入手することができるようになっているのです。